平家物語に続き、平泉の人気は

平泉文化遺産号&風っこストーブ湯けむり号 JR仙台駅 2012/1/21
平泉文化遺産号&風っこストーブ湯けむり号 JR仙台駅 2012/1/212012年1月21日 JR仙台駅4番線ホームより『09:13発”快速・平泉文化遺産号”平泉行き』と『09:25発”快速・風っこストーブ湯けむり号”鳴子温泉行き』の入線&発車の模様です。 ホームでは、むすび丸と伊達武将隊による、おもてなし&お見送りがありました。 Panasonic LUMIX DMC-TZ20で撮影翌日、1月22日の模様はこちらです。 www.youtube.com 2011年12月に運行された”風っこサンタ号&むすび丸サンタ”の動画はこちらです。 www.youtube.com 平泉文化遺産号 キハ48形みのり平成20年、仙台・宮城ディスティネーションキャンペーンに合わせて導入されたJR東日本のリゾートトレイン。 車体の外板塗色は,日本の伝統色である「深緋色」と「漆黒」をベースとした上質で重厚感のあるデザイン、腰部には,メタリックゴールドの帯も配されている。 先頭車両の前面には,力強さを表現する「伊達兜」をイメージしたアンティークゴールドの装飾が施されています。 風っこストーブ湯けむり号 キハ48形びゅうコースター風っこ キハ48形をトロッコ気動車に改造した車両で、車体側面を大きく開口させ、外気を存分に感じることができるようにするとともに、冬季には寒気対策のために開口部にガラス戸をはめ込んだり、取り付けられたストーブを焚くことができます。 車内には、難燃木材を使用した木製座席が設けられ、各ボックスにはテーブルが設置されています。 天井は骨組みを剥き出しにし、白熱灯を用いてレトロで暖かみのある雰囲気を創り出している。


交通網は便利になっても、
やはり、暖かくならないと、なかなか足は向きません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする